FC2ブログ

誰に似れば

カウンセリングにて。
右目にガーゼ貼ってピースサインをしている母の写真を
カウンセラーさんに見せたらお元気そうですねと言われる。
二回目だから余裕をおぼえたんですよ、
とかなんとか言っていたら
椿さんはお母さん似ですねと微笑まれる。
いや、個人的には祖父に似たかったんですけどね、
父方でも母方でも祖父は若い頃からイケメンでしたし。
母が美人かと言われると違うと思うのですが、まあいいか、母似で。
何が何だかわからない話をしつつ、ではまた。
スポンサーサイト



老眼鏡への誘い

れいによってまた母の病院行きに付き合う。
母は今度もてすりを持ちながら慎重に階段を降りていました。
病院に行ってガーゼをとってもらう。
昨日今日と左目オンリー生活をおくっていたため
左目が疲れてたまらないそうです。
しかしこれで両目視力0.5以上の生活、
さぞかし物がよく見えるようになったんだろうな、と思ったら。
やっぱり両目共に老眼で
新聞も目から30センチ以上離さないと読めない。
眼鏡もいつ作れるかわからない状況なので
いつ本を読めるようになるのか…。
早く眼鏡作れるといいね!などと応援しつつ、ではまた。

間が悪かったんだよ、月末だし

今日の母は右目の手術。
左目の手術で要領がわかっているため
ついびくびくしていたそうです。
そうしていたら医師に緊張していますか?などと言われる。
はい、と答えても、やること同じ。
今度は右目をぐりぐりされ
大きなガーゼをあてられて帰ってきました。
運の悪いことにそういう日にかぎって
近所のおしゃべりババアが
某企業の使用料と製品の回収&配布に来る。
菊子さんは仕方なく右目のガーゼ貼ったまま使用料を払う。
その間に、当たり前だけど、右目どうしたんですか?とか聞かれる。
白内障の手術ですとか答えつつ、菊子さんのストレスめらめら。
このおしゃべりババア絶対近所で喋りまくる、と。
ということで様々なストレスで機嫌の悪い母から逃げつつ、ではまた。

やったあ!としまった!

パズドラにて。
毎日ゴッドフェス1回キャンペーンでベリアルが当たる。
どこに組み込むのかは全く考えていませんが嬉しい。
いつの間にやらボックスにヨグが増えていたのも嬉しい。
どこで当てたのか覚えがないのですが3体目でもOK。
しばらくは究極せずにおいておくつもり。
母の目の手術前に食べればいいやと
バレンタインイベントで買ってきたお値段高めのマイチョコ、
今日見たら賞味期限過ぎてた。
自分で言うのもなんだけどなぜにこのよーなチョコの存在を忘れられるんだ、
消費期限じゃないから今から食べるもんね!
直感で洗濯物の存在を思い出しつつ、ではまた。

見えるような見えないような

菊子さんが一週間ぶりに美容院で髪を洗ってもらってきました。
髪もしっかり洗ってもらい、ブローしてもらい、あらきれい。
そこでホコリをシャットアウトするための眼鏡をかけてそこで気付く。
ブローしてくれた女性が、
菊子さんが髪切ってカラーしてもらう際毎回指名する女性だということに。
あら〇×さんだったの!?やだ、気付かなかったわ!
度が入っている眼鏡をかけて気付くのではなく
ただのプラスチックのかたまりの眼鏡をかけて気付くのはなぜなのか。
…風習?
疑念を抱きつつ、ではまた。

これはよくならない

もう片目の手術を前にした菊子さんですが
今は用事がない限りヒマなんだと。
目がより一層デリケートになってるから仕事は無理。
テレビも興味をそそるようなものはほとんどない。
何か読んでれば?と言ったら読めないと言われる。
近視や乱視は手術で調整できるけど
老眼はどうにもならないので新聞の見出しを読むだけでも苦労、
細かい字となるともっと不可。
一週間後には両目とも老眼になる予定。
目が安定するまで一ヵ月かかるので
眼鏡も一ヵ月以上後にならないと作れない。
もしや二ヵ月分分未読の本がたまるのでは…?
という目で、近所のスーパーで買い物する菊子さんを見ていたら
ハーレクインの棚の本を一冊手にとりレジに行く。
ためる気か。
ステーキみたいに分厚い本が積んでよかったね!とエールを送りつつ、ではまた。

常なること

ネタがない。
小さく切り分けられてタマゴでとじられてもない。
ないのです。

母が一週間ぶりに顔を洗っていました。
洗顔料を使っていいものかどうかは不安なのでなしで。
それでもすっきりしたそうです。
つくづく夏場に手術じゃなくてよかった。
他のネタ…、あ、刀剣乱舞にて白山吉光が無事やってくる。
富士の御札のおかげか、便利そうだし鍛えよう。
蛍丸の極も楽しみ。
よし、今日のネタの限りは頑張ったぞ、明日は明日の風が吹く!
とか明日、ネタあるかなと不安に思いつつ、ではまた。

現実的に迫ると…

カウンセリングにて。
母の白内障の手術の話をしたら震えあがるカウンセラーさん。
特に麻酔をうった目が
棒状のものでごりごりいじられるのが怖いそうです。
私も将来受けなきゃいけないんでしょうか、
全身麻酔とかかけてくれませんかね。
カウンセラーさん、ほぼもれなく部分麻酔だと思いますよ、
より強力な麻酔は使わないかと。
だいたい、母はガーゼがとれ一晩経ったら元気になりましたよ。
本も新聞も変な姿勢をとらないと読めないしテレビにそこまで関心ないから
居間でごろごろ時々睡眠という生活おくってますよ。
私がこのカウンセリングを受けている頃
父に車でおくってもらって近所のリサイクルショップに行ってるはず。
ここまで言ったらカウンセラーさんにタフですねと言われる。
更にタフな伯母は術後2日目に社員旅行で温泉に行きました、
より強力な例を出したら、タフな一族ですね!とくる。
帰宅後、カウンセラーさんにタフだって言われたよ、と母に言ったら
タフも何も白内障って診断されて手術されただけやがな、
逆らう要素はないで、と現実的なことを言われる。
そう言われりゃそんなもんかもしれないけど…そんなもんかな?
首を傾げつつ、ではまた。

重病人からの脱却?

今日も母は眼科に行かなければならない。
ふ~ん、と聞いていたら、宣之について行ってもらうわ、
母が言い出す。
別に行ってもいいけどたいした助けにならないよと言ってみるも
じゃよろしくで締めくくられる。
完全に片目で行動するため、駅の階段は手すりをつかんでゆったり昇降。
ややわかりにくい位置にある病院にたどり着く。
母は手術翌日にはもう目を覆っていたガーゼをとってもらっていました。
ガーゼに覆われていた部分に血の跡がついていましたが
医師に消毒がてらとってもらう。
手術の際に視力0.5くらいに調整してもらっていたので左右の視力が違うため
見えるような見えないような気分とのこと。
以前手術後は毎日消毒しなければならないので毎日病院通い、
と言っていたのですが今日行ったら次の手術まで病院に行かなくていいらしい。
よかった、交通費もばかにならないし。
今度は別の眼鏡をかけねばならず度が入っていないので
手術予定の目の方は遠近乱で見えないそうです。
来週かー、などと思いつつ、ではまた。

手術は手術

母が白内障の手術を受けてきました。
左目全体を覆うようなガーゼをはってる、
まさに重病人といった雰囲気。
手術前は顔を洗えずどんな化粧も不可、
本番2時間前からは物を食べてもいけない。
母によると手術直前に消毒やら何やらの点眼薬を山とさし
最後に麻酔を点眼したそうな。
手術室は予想より狭く、
歯科で使うような電気で倒せるイスに患者は座る、まあ倒すんだけど。
ドラマで見るような手術とある意味同じで目の部分だけが見えるシートを被る。
麻酔を点眼されているため痛くはなかったようですが
目をごちゃごちゃといじられている感覚はあるそうです。
何とかが入りましたよ、入った入った、とかいう医師と看護師さん。
手術は成功、母は無事左目いっぱいにガーゼをはって帰宅したと。
正直眼科の手術をなめてました、失礼しました。
夕食はコンビニのカツ丼です、昼は悪魔のおにぎりでした、
となぜか食卓までばらしつつ、ではまた。

常なること

ネタがない。
エキスに出汁を入れられうどんを放り込まれてもない。
ないったらないったらない!

バーゲンで買ったモバイルバッテリーが使い物にならない。
PCにつないで充電しても二週間で49パーセント充電済み表示が出る。
この状態で携帯の充電してもモバイルバッテリーはすっからかんになり
携帯の充電具合は50数パーセント、
モバイルバッテリーが消耗しやすい環境で使ってる自覚はありますが
さすがにこれはないんじゃないか。
結局、以前に別のケースで使おうと思ってたモバイルバッテリーを使ってます。
所詮はバーゲン品か、同じメーカーのものは買うまいなどと思いつつ、ではまた。

比較対象としては役に立たない

母が白内障の手術をうけることになったのは先刻承知の事実。
というわけで、数年前に白内障の手術をした伯母TTに話を聞く。
伯母TTは孫の運動会で太陽を見たら白くて何も見えない!
と職場の総合病院で言って、一緒にランチしてた眼科医にそれ白内障じゃね?
と疑われ検査をして病院が空いていたのかほぼすぐに手術。
片目しか見えないので家事をしなくていい、ルンルン♪という感じだったらしい。
しかも手術の2日後には専用眼鏡をかけたまま社内旅行で温泉に行く。
楽しんできたもよう。
母曰く、伯母TTの話は何も参考にならない。
そもそも、伯母TTは元の目が健全、母みたく遠近乱の目じゃないから
度の入っていない専用眼鏡でも平気。
ついでに胃カメラも平然と受けられる、胃カメラがキツイ母や私とは逆。
確かに参考になることは少なそう、と納得しつつ、ではまた。

開けゴマ!!!

我が家ではフライパンのフタは
フライパン本体の最上部にするものではなく
上から1センチ下くらいになります。
冷凍餃子をフライパンで炒めていたら事件に!
フタがフライパンに密着してしまい、とれない。
腕力で引っ張れども引っ張れどもとれない。
父に助けを求め、腕力勝負からワザ勝負に。
ドライバーを金槌で叩き、フライパンのフタに穴を開ける。
はじめは小さな穴を開けた程度だったのですがフタがとれないので
大型のマイナスドライバーを叩き大きな穴を開ける。
緊迫した場面でなぜか玄関からこんにちはー、
などという能天気な声が聞こえる。
母の支払いじゃないの!?と母に玄関に出てもらう。
サインを書いて何か受け取ったもよう。
大きな穴が開いてから父がぐっとフタを引くとようやくとれる。
よかったー、餃子無事?などと言いつつ、
居間にさっきまで閉じ込められていた餃子を運ぶと薄い荷物が置かれている。
byアニメイトオンライン、私の刀剣乱舞グッズではなかろうか。
菊子さん、疑ってすみません。
あとはフタが密着しないように隙間を開けつつ、餃子を炒める。
かなり焦りました、ちゃんとしたフタ買った方がいいんじゃない?
などと思っても提案できない私あり、とぬかしつつ、ではまた。

ヒートアップ

今日はリサイクルショップの大バーゲン日。
百円均一コーナーが大人気だそうです。
世の中にはいるじゃないですか、
思ったようにことが進まないと恫喝したりする人。
時々バーゲンにそういう人が何人かいて
自分たちだけならまだしも他の客の迷惑にまでなる人もいるらしく
具体的に何をしたのか警察を呼ばれる騒ぎになることもあるそうです。
警察官がバーゲンで燃え過ぎた人(興奮気味)達になるべく平等に話を聞き
その先は店への出入り禁止命令だったりする。
バーゲンで警察のお世話になるほど燃えるってわからんな、
と他人事っぽく眺めつつ、ではまた。

カウン…セリング?

カウンセリングにて。
私も昔はカウンターとか掲示板とか
Perlのプログラムを必死でくっつけてましたよ、
今でもカウンターは
ホームページのリンクからとべるサイトのやつですよ。
くっつけるだけのはずなのに妙に苦労しまして、
権限が何やねんとか言ってましたよ。
今ではたぶん何もくっつけられません、最近のハウツーがわからん。
と愚痴る私、話がわからないカウンセラーさん。
解説しようとするとだいぶ時間がかかるのでちょっと目先を変えて。
PCのポップアップ広告が鬱陶しくて、
あなたのコンピューターはウイルスに感染していますか?
って「か?」は何ですか?疑問なだけなら広告出すなと思いません?
カウンセラーさんがノッてくる。
そういえば私のPCもウイルスに感染していますって出るんですけど大丈夫なんでしょうか?
いや、確かに愚痴は言ったがそこまで確定的なことは言えないぞ。
最新版のセキュリティソフトでフルスキャンしてみるといいですよ、
メモするなり何なりしてポップアップの出所を探るとか、
たいして役に立たないアドバイスをしてみる。
そして気付く、もう終了時間だということに。
これって…カウンセリング?
PCの話でやたら盛り上がった自覚はありますが、う~ん。
納得できるようなできないようなことになりつつ、ではまた。

やっぱやめときます

母は便秘がちでここ数日全然出なかったそうです。
そして決意する、内科で浣腸してもらおうと。
内科で便秘ならなぜこの内服薬を飲まないのかと怒られたもよう。
で肝心の浣腸の話に。
病院で浣腸してもいいですけど、浣腸してからまずこの病院で出してください、
その後は絶対寄り道をしないで家に帰って下さい、
病院で出す浣腸の薬は市販薬の3倍ありますから、と説明される。
実際に非常に大きめの浣腸を見せられ
母は怖くなって浣腸はやめておいたそうです。
整腸剤で頑張れ、と下り竜がやたら出る私が応援しつつ、ではまた。

何もなかったに等しいですね

前回今回と月曜日が祝日で
仕方なく火曜日に診察を受けに行ってます。
医師にもテキトーなことを言われてきました。
薬もちゃんともらってきましたよ。
歳暮のようなものも注文してきたし使命は果たした、
と思います。
行き帰りでヲタグッズのイヤホンの製造のテキトーさを思い知りつつ、
ではまた。

もう書いたような気はするけど再び

母が自分のボールペンのインク切れを起こしたため
近所のスーパーの文具コーナーに行く。
ついでに父の分のボールペンも手に取り
私がこれもおごって!と
ZEBRAのバレンタインボールペンセットをレジ近くで渡す。
文具コーナーと子供向け玩具のレジが同じだし
レジの近くでちょっとメダルを見ていたら、
会計をしていた母に宣ちゃーんと呼ばれる。
周囲の親子の視線が母に集まる。
これ以上なく近寄りたくない状況でしたが行くと
ボールペンの質問をされる。
ちゃんと解決しましたが、宣ちゃんはないだろう、私は駄々っ子か、
母に文句を言うとあんたは永遠に宣ちゃんよ、
と確定される。
いや、せめて宣之にならないの?と聞いてもダメでした。
私は一生駄々っ子扱いか、とため息をつきつつ、ではまた。

ちょっとラッキー

艦これにて。
高雄目当てで建造を繰り返したら
金剛と山城と日向と高雄が当たる。
扶桑はいるけど山城はいなかったのでラッキー、
任務が一個進むぜ、と
扶桑と山城の艦隊を組むと次の任務、
伊勢と日向で艦隊を組め。
そういえば伊勢もいつだか引いて
戦力になるかなーと解体したような…、
私のバカバカ、
ちょっとは艦隊の所持数余裕あるんだから
とっておけばよかったのに。
欲しい艦はすっと手に入ったのでご機嫌になりつつ、
ではまた。

慎ましいのかどうかは不明

ある日、母は男性(父ではない)にエスコートされ
ただで一口大のケーキを次から次へと食べる。
もう際限ないくらい。
またある時は仕事をしていたら小銭を拾う。
そして決定的なある日、美味しそうな饅頭にかぶりつく。
…あ、この歯ごたえ、布団だ……夢うつつに悟る母。
母はよく夢を見るそうですが
夢の中、決まって小銭を拾うか食べ物を食べている。
小銭を拾う夢は見ても大金を拾うとか
高額の当たりの宝くじを見つけるとかそういう夢はみない。
ささやかな夢を見る母でした、というわけで、ではまた。

常なること

ネタがない。
電球が切れても代わりにはなれない。
そんな不完全な自分。

一応部屋の奥の物置になっているイスの上のものを減らしてみる。
減った分はヲタグッズ薄けりゃ入れとくファイルに入れ
何か月も読んでない漫画は捨てる。
と思い、母に捨てる本どこに置いておけばいい?と聞いたら
雑誌の回収は昨日やった!!と怒られる。
言わなきゃよかったと少しばかり思いつつ、ではまた。

デパートでポイントゲット

母と都心部に行く。
デパートのポイントがたまったので苺杏仁を買ってもらう。
バレンタインチョコやらなにやらで買い物したので
いつの間にやらポイントがたまった模様。
前回のパフェより苺杏仁の方が美味しかったです、
すっきりした後味もよかった。
そしてネット接続の工事がいつやるかわからないので
母の手術数日後にならないかと電話したら
わりとたらいまわしにされる。
さっさとしてくれと思いつつ電話し倒したら
工事の日程は今月下旬から調整するとのこと。
余裕で母の手術後にできそうな気配で気が抜けました。
いや工事してもらってからインターネットの接続のサービス受ける気だから
WiFiも業者さんにやってもらう気。
ネットの接続設定は苦手なので母がスマホ使うなら設定頼まなきゃという…。
家庭内の事情まで暴露しつつ、ではまた。

はじめて買った音楽

母が食い入るようにテレビを見ていたので
珍しいなと話しかけると半世紀くらい前のことを思い出したと言う。
初めて買ったレコード…、
いやビニールかな?何かふにゃふにゃしたやつを中1の時に買ったんやで。
ローハイドの主題歌を。
懐かしがる母。
あと、姉妹でルーシーショーも見たんやで。
ドラマ名を聞いても全然わからないけど
母の青春だったんだな、と思ったりしています。
私は子供過ぎるからなあ、25年くらい前、初めて買った、というか買ってもらったCDは
アニメ、クレヨンしんちゃんの主題歌。
旅行に行く時電車の車内で座って聴いてたらテキメンに電車酔いしました。
さすがにもうクレヨンしんちゃんは見ていませんが懐かしい。
それ以後私はゲームのサントラにハマり30いくつでアニソンに走る、
という軽い回帰をするのであった、などと語りつつ、ではまた。

常なること

ネタがない。
常に腰の一部に触れつつ回されてもない。
ないものはない。
最近は平穏なのです。

パズドラにて。
今日の降臨はハヌマーン、超苦手です。
というわけで石は惜しいけど挑戦は見送るつもり、
っつーか2回チャレンジしてボロ負けしました、
見送るのはスフィンクス以来です。
赤上げて、白下げて、赤下げついでに白上げて。
わりと情けないことを言いつつ、ではまた。

常なること

ネタがない。
海産物が苦手だから昨日はトンカツ巻を黙って食べたよ!
くらいしかない。
ちなみに両親はフツーの恵方巻を黙って食べていました。
ほ~ら、ネタが尽きた。
リサイクルショップで可愛くて使えそうなストラップを探していますが
見つからない。
今使ってるやつはクマさんのマスコット付きで非常に可愛い、
だからここまで可愛くなくてもいい、色気のあるストラップ募集中。
ストラップはアニメグッズではいけません、
携帯カバーがすでにアニメグッズなのでこれ以上マニア色を出したくない。
いいのはなかなかないなあ、などとため息をつきつつ、ではまた。

ペンギンと聞いてやってまいりました

昨日、遠方のリサイクルショップの着物担当さんから
ペンギン柄の着物が入りましたよと言われ
10時にはそのリサイクルショップに着くように家を出て
開店と同時に着物コーナーに走る母。
ペンギン柄なんて言うから子供向けの可愛いものを連想します。
着物の実物見たらこれわざわざ買ったの?というくらいつまらない柄。
しかし教えていただいたという恩義と
鳥柄着物あったら譲っていただけませんでしょうかな方のために
その着物もお買い上げ。
私もたいがいペンギン好きですがこの着物はいいや、
いつだかのパチモンディズニーの方が面白かったし。
ペンギンも鳥だけどこの柄で喜ばれるんだろうか?
と疑問に思いつつ、ではまた。

笑えることなのであろうか

最近PCの設定変えたら
ポップアップ広告が画面上に出るようになりました。
これを使い続ければ2時間持ちます!などというクリーム状のものから
PCがウイルスに弱くなってますまで様々なものが出る。
ここで私は言いたい(というかカウンセリング時に言った)。
下着姿の若い美女の広告をそんなに出すのなら
併せて軽くエロを感じるような着衣の細マッチョイケメンの広告も出してくれ。
最近は多くの女性もお金を持つようになったのです、
ホストクラブだってあることだし需要がないということはないと思うのですが。
ということでカウンセラーさんに主張したら爆笑されました。
なぜに?
男性の場合、下着姿より着崩した感じを更に崩した服装の方がいいと思うんだけど。
ママ活などのいかがわしい活動もあるようですからいい広告になるのでは?
私?金もないのにそんなところに金つぎ込みませんよ、
ただでさえ刀剣乱舞の燭台切光忠グッズ集めに資金がいるのに。
単にポップアップ広告で
先程主張したような男性の画像が出てきたら眼福なだけです。
ある意味
客でもないのに文句だけ言うPCユーザーでした、とか主張しつつ、ではまた。

常なること

ネタが薄い。
煮られてもどされて皿に盛られてもない。
うっすぅー。

従姉妹のお嬢さん(中1)がインフルエンザになったそうです。
普段から体が弱くしょっちゅう小児科に行く息子さん(小2)は
今のところ姉からもウイルスをもらわず元気だそうです。
元気なのは実はお嬢さんも。
インフルエンザと診断された当初は39度以上の熱を出して
体もだるく大変だったそうですがちゃんと薬を飲んでいれば
元が健康な彼女のこと、2日くらいですっかり元気に。
それでもインフルエンザを拾った身だと3、4日くらい、
学校も塾も行けないので、家の中にいなければならなくて嬉しいらしい。
現状、ゲームしたい放題しているそうです。
他人のことは言えないな、などと思いつつ、ではまた。
プロフィール

tubaki noriyuki

Author:tubaki noriyuki
椿宣之(四捨五入して40歳)の日常を語るだけの日記です。
ほぼ生存確認用なので内容に期待しないで下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR