FC2ブログ

常なること

ネタがない。
ぐいぐい押された上携帯の画面に叩きつかれてもない。
ないったらない。

母におごってもらえるうちに!
と残り少なめのボールペンのインクを買いに走っています。
結果、PCのデスク周りに大量のインクが散らばることに。
どれが何のインクかわかりづらいので仕方なくセロテープで止めてみる。
ペコちゃん柄のは効果テキメン、5本もあるから管理しやすくなると助かる。
他のペンのインクもあるのでちょっとデスク周りを整頓した気分。
デスク周りのものを考えると微々たるものだけど、いいか。
結局片付けが苦手な私でした、と告白しつつ、ではまた。
スポンサーサイト



元号というと

来月頭に新元号に変わるということで
最近は新元号の予想などが激しいですね。
親と夕食を食べながらそんな話をしていたら
自分の生まれた年を西暦と元号両方で言えるかということになる。
私は西暦19++、昭和++年生まれ。
この日記を見ている方には私の誕生年バレてそうと思うけど伏せる。
母が続けて、西暦19??年、昭和??年と言う。
ここまできたら父も言わなきゃダメでしょう、と思ったら。
父:昭和##年生まれで西暦は知らん。
え?西暦だとわかんないの?書類書くとき困らない?
父:人に聞くで大丈夫。
いや、大丈夫じゃないって、西暦ぐらい覚えようよ。
ということで母と本屋に行った時に販売されていた手帳の
元号と西暦が載っているページを探してみる。
ありました、西暦19&&年です、
母が本を買ってレシートをもらったついでにペンを貸してもらってレシートにメモ。
これで完璧ですね、
と母が父にレシートを見せると父が微妙に嫌そうな顔になる。
嫌そうな顔をしようが覚えてね、とぱっちり言いつつ、ではまた。

ジンクス?

パズドラにて。
モンスターハンターコラボで何となくディアブロス欲しいな、
と思いつつ、コラボガチャを回してみる。
ナルガクルガ当選、2体目なので武器に進化させてみる。
使うかな?と思いつつ、レベルを上げる。
せめてダイヤタマゴ出ろ!と2回目回したら
本当にダイヤタマゴが当たる。
鏖魔ディアブロス当選、やったじゃないか、
使いこなせるか否かは怪しいけど取ったよー、
レベルマ&スキルマにしました。
今日はあと1回で終わりよ、出ろ!ダイヤタマゴ!
と思ったら、またもやダイヤタマゴが。
そして当たったキャラが出るか否かのうちに謎のパズル画面が出る。
???と思っていたら、セルレギオス当選、
きえかえドロップでしたか。
やっぱり使いこなせる自信はないがレベルマ&スキルマにしてみる。
そういえばクリスマスガチャの火ヨグを当てた時も2回目を引いた時に出たっけ。
2回目にわりといいものが当たるというジンクスでもあるんだろうか。
ありがたくモンスターをいただきつつ、ではまた。

ええ行きましたよ!

病院に行く前に母と大英国展に行ってきました。
手芸用のリボンはないため母が欲しがるポストカード一本狙い。
ところが行ってみると。
紅茶、スコーン、アンティークばかりなり。
かろうじて一店舗カードを扱っていましたが
ポストカードではない上、誕生日おめでとうと書いてある。
誰の誕生日にでもカードを送る習慣はないのでパス。
アンティークの宝飾品やら逆輸入のオールドノリタケならありました
…どっちも興味ないけど。
結局、母は書店でバラの写真のポストカードを買っていました。
庶民的じゃない大英国展だったな、と改めて振り返りつつ、ではまた。

正体不明な人

田舎で電話をとるとよくあること。
はい、椿です、と出たらすぐ、お父さんおるかね?と言ってくる。
名乗りもしない人をとりつぎできませんと喉まで出かかりつつ
すみませんがどちらさまでしょうか?と言ったり、
父に正体不明な人から電話、ととりついだりします。
たいてい地元の父の友人なんですけどね。
30過ぎてわからないのもどうよ、と母に愚痴をこぼしたら
それあるあるだよねと思いもかけないことを言われる。
数年前、母方の祖父の葬式にて。
母は母と同年代か少し下くらいの女性に声をかけられたそうです。
?「久しぶりやねぇ」
母「はあ」
?「元気やったかな?」
母「ええ、まあ」
?「お父さん、亡くなったんやねぇ」
母「ええ、長生きしましたから」
?「お悔み申し上げます」
母「ありがとうございます」
地元から離れて40年くらい経つせいか、
母は相手の女性が誰だかわからなかった。
いまだにわからないそうです。
名乗ってくれるありがたみを感じつつ、ではまた。

常なること

ネタがない。
新鮮さのあまり人間に涙を流させ
肉と共に炒めてもない。
ないってば。

いよいよプリンタの上がヤバいことになっている。
コミックス山積み、これで耐えてくれるプリンタもいいやつだ。
頑張ってくれ、プリンタ!最速でもGWくらいまでは溜まるだけの予定なの!
まだコミックスがんがん増える予定だから!
それより私が本を整理して置き場を確保すればいいだろ、
という正論は聞かなかったふりをして、ではまた。

強制的な気温

ポイントデーなので母と化粧品を買いに行きました。
化粧品を買って食料品売り場でゴミ袋を手にレジに並んだら
これがなかなか。
諸事情により空の段ボール箱2個を持って並んでいたら
前に並んでいた老婦人が段ボール箱重いでしょう、と
レジの商品台を指して声をかけてくれる。
ヨヨヨ、ありがとうございます、空箱だから平気っす、
と母が控えめに返事をする。
ここでも言うぞ、譲ろうとしてくれた老婦人さん、ありがとうございます!
そして帰りに。
私も母も上着を着て行ったけど暑くなってくる。
車に乗ると風も吹かないので増々。
こりゃ桜も開花するで、暑いわ。
母が化粧品の袋で扇ぎつつ言う。
昨日寒くて今日暑いんだしちょうどいい条件だね。
そんなことを言っていたら家に着きました。
いい陽気、などと言いつつ、ではまた。

常なること

ネタがない。
味の素を入れられて更に昆布つゆを入れられても
どうにもならない。
ないものはない、どうにもならないものはどうにもならない。

パズドラにて。
何となく魔法石10個ガチャを引いたらゼラが当たる。
ゼラリーダーでテキトーにパーティー組んで
チィリン降臨超地獄級を何周かする。
意外と回りやすかったです、…何コンかしたけどね。
あくまで超地獄級なので10回くらい回ってチィリン1体ゲットという
非効率なことになりました、すぐハクの強化に使っちゃった。
超地獄級しかクリアできないのでこれ以上のチィリンの確保は難しい。
来週のモンスターハンターコラボのガチャも回したいので魔法石も節約したい。
要はこれ以上は無理、ってことですね、などと蛇足を付け加えつつ、ではまた。

坊主の葬式坊主が仕切る

坊主ではありませんが現在の住職の母の葬式は
タイトル通り坊主が仕切ります。
仕切る人を会奉行と呼ぶそうです。
父のよるとちょっと急いで、とかもう少し時間くれとか言っていて、
形だけというわけではないらしい。
寺にはマイクがセットされ、
なぜか父が開式の辞なるものを読み上げる羽目に。
ちゃんと紙に全文書いてあるんですけどね。
「ただいまよりX寺・前坊守 故Z様の葬儀を執り行います。」
XとZ以外全部フリガナがふってある。
ちなみに閉式の辞も父が読み上げる。
「これをもちましてX寺・前坊守 故Zの葬儀を滞りなく終了致します。
有り難うございました。」
こっちもXとZ以外全部フリガナがふってあります。
読み上げる内容を書いた紙は持ち帰りOKなのでこんなところで転載したり。
今の世の中、寺は檀家が減って大変だと言いますが確かにこの調子だとね…、
この手厚い式は何なのか…、
式には地域の檀家1世帯につき1人は式に出なきゃならんとか…、
現代風ではないわな…と思いつつ、ではまた。

男性パートのみですから

寺の血縁の老女の通夜にて。
大勢のお坊さんが来たそうです。
葬式に参加するのかどうかはよくわからないそうですが
通夜では活躍したらしい。
7人列になってそれかける4段に座るお坊さん。
そして7*4人で読経をする。
父によると大迫力だったそうな。
サンドイッチマンのコントの葬儀社思い出すわ、
とやっぱり不謹慎なことを考えつつ、ではまた。

付き合いですかね

今日は母に引きずられて
昔通ってた小学校の近くの施設で行われるバザーに行ってきました。
売っているものは幼稚園&小学校入学に必要な
上履き入れやランチョンマット、雑巾にレッスンバックなどが多かったです。
持ち寄りの品を売るコーナーもありましたが
母によるとうまみは少なめだったそうです。
引きずられていった私は荷物持ち&ブランド品ゲットの役割だったもよう。
毛布とタオルケットとタオルを買ってから
パンやシフォンケーキが売っているところにいたら、母から電話がかかってきて
さっさと施設から出るぞ、なことを言われてちょっとムッとしたのは秘密の話。
帰りにコンビニで悪魔のおにぎりを買って帰ってきました。
寺の通夜&葬式がどうなるかが今後の注目ポイントです、
などと「&」を多用し、ちょっと失礼だったり不謹慎なことを言いつつ、ではまた。

そんなの引き受けるからだ

私が住んでいるところはわりかし田舎です。
その田舎で寺の住職の母が亡くなりました。
父は寺の役に(たぶん嬉々として)ついているので大変。
まず寺の住職の母の通夜と葬儀を決める相談に呼ばれる。
決定したらその通夜と葬儀のお知らせを
同じ区に住んでいる皆様にしにいく。
寺の関係者が遠くから車で来たら駐車場案内係もしなければならない。
お知らせは手分けしてしに行くのですが
父のノルマは13時からやりだして18時になっても終わらない程度にきつめ。
通夜と葬式になったらどうなることやら。
寺に対していい感情は持っていない私が言います、
などとキツめなことを投げつつ、ではまた。

また聞きイノシシ

今朝、住んでいる地区の比較的山っぽいところの罠にイノシシがかかったそうです。
地域の住人で毎日
イノシシが罠にかかっていないか見回りをしていましたが、ついに!
当たり前のことながら罠にかかったイノシシは激しく暴れていたらしい。
あんまり暴れるので檻の外からクマデで押さえつけようとしたところ
余計にイノシシが暴れてクマデが血みどろに!
役所に連絡しようにも朝早くから役所は業務を開始していないため
連絡がつかない。
ここまで地域の友人に聞いた父は血みどろで暴れるイノシシを見たくないし、
あまつさえ押さえつけようとして血みどろになったクマデを見せつけられるのも嫌なので
さっさと帰宅。
役所に何とかしてもらう前に興奮状態のイノシシが罠を突破しませんように、
と真剣に祈りつつ、ではまた。

1000000円

母がリサイクルショップで好みの品を見つけました。
一束200円、伯母TTにも贈りたいそうです。
表面に諭吉と100万円の文字が描かれているメモ帳を。
もうどっさり売ってました。
それでも母は顔見知りの店員さんに100万円札よ、
とやたらと自慢する。
うん、確かに描いてあるけどメモ帳だからね?
100万円の魔力かリサイクルショップで古着を売ったら高額に。
なんかご利益あるのかな、買っても置き場ないから買わなかったけど。
でもダヤングッズは買う私、などと物を増やしつつ、ではまた。

私は言ったぞ

ほぼ質問される。
全部それなりに答えたからな、
悪い面も超ヲタクだということ以外言ったからな。
燭台切光忠モデルのケースは一回も出してないはず、
たぶんまだそこまではバレてない。
こっちから何か言うタイミングは何もかも逃した、
それは失敗、認めよう。
どうなるかな、と諦めほとんどで思いつつ、ではまた。

どこまでも太る道

太身でも着られる春物のシャツを買いに行ったら
ちゃんと入る上、大幅に太って見えないシャツ発見。
高かったけど購入、太っているだけでお金がかかる世の中ですね。
…とか言いつつ、帰りにバターケーキ買ってる時点でダイエット崩壊。
食への意思が強すぎるのでしょうか、
それとも薬がそうさせるのでしょうか、
たぶん混ざってるんだろうけど…などと無駄な分析をしつつ、ではまた。

年寄り率99パーセント

コンビニで弁当とゼリーを買ったときにレジしてもらった老女が凄かった。
まず商品のバーコードを読み取るのですが初っ端なから手が震えてる、
現在病気もちもしくは病気の後遺症っぽい。
弁当を袋に入れるのも遅い。
袋を広げておけばいいのに細々と入れて弁当が縦になりかける。
レジ打つ間も手が震えてるので遅い。
髪は真っ黒だったが絶対そんな歳じゃない、
あのよよとした動き、要領の悪さは語っている、
年金の世界に片足突っ込んだ人と。
会計をしてきた母は、コンビニも人手不足なんやね、よれよれしとったやん、
と言っていました。
いくつになっても現役か…と無理のあることを思いつつ、ではまた。

いいのかねぇ

午前中にヲタショップで刀剣乱舞グッズを予約。
1万円以上のものを予約しといて受け取れるかどうか不安になりつつ
カウンセリングへ。
あんぱんが買えなかったショックのあまり倒れそうになりました、
何とか乗り越えて病院に着きました。
暗い話やらどす黒い話やら暗室並みに暗い話をしていたら、
そうそう、椿さんに教えてもらっておいてよかった!ってことありましたよ。
小学校でもついに
はたらく細胞が授業で取り入れられるようになったみたいですよ!
とカウンセラーさんに言われる。
確かにあの漫画、
偏りはあるけど人体の勉強にはなるかもと思ってはいましたが
そうなりましたか。
全体的にいいのかねぇという…いいのかなぁ…
疑問形なようなそうでないような半端なことを言いつつ、ではまた。

常なること

ネタがない。
タイツに入れられ風呂で浮かばされてもない。
ないものはない。

母に欝の薬を飲むとはじめのうちだけ多幸感があるよ
と教えてもらう。
多幸感…私はESに追われて幸せどころじゃなかったけど
ESを書けたということは最低限の多幸感があったのかな。
もったいないこと、したのかな、などとしおらしく言いつつ、ではまた。

レトロなもの4

役所の人が祖父の家のかまどを写真におさめに来ました。
両親が右から左へと頑張って掃除したかまどをまた拭く役所の人。
煙突まである家はこの辺ではほぼないそうです。
そしてかまどを撮っていてさりげない話をしていたら
餅の話になり杵があることが話題になる。
杵を持っている家も少ないらしく杵を小屋から持ち出して写真におさめる。
実は石臼もあるますが重くて動かせないシロモノなので存在は秘匿しておく。
皆様ご存知の通りガスが壊れているので
お茶を出すのにポットと葉を突っ込んだ急須と茶碗を持って行って出す。
おくどさんも珍しいので写真におさめ、役所の人は帰っていきました。
かまどの写真撮るだけにしては遅いような、と思っていたので父の話を聞いて納得。
そんなに珍しいのか、杵、などとちょっと納得しづらいものを感じつつ、ではまた。

そんなに行ってどうするんだ?

今日は診察してもらいに病院へ。
私の元気のなさが心配だと母が付き添ってくれました。
そこまではああ微笑ましい心療内科通いの光景ね、
となるのですがどうも母の調子が悪そう。
キヨスクでビットキャッシュとアップルのカードを買って
電車に乗って病院に着いた瞬間、母がレストルームに行きたがる。
まあ行きたいときはあるよね、入っちゃいけない個室は両端だよと教えて
待っていたら診察に入って下さいと言われる。
医師は今週末何もいいことがなかったと愚痴っていました。
確かに私もコレ!といういいことはなかったような、でもそんなもんだよな。
診察が終わったので病院の廊下に行ったら母がいる。
大丈夫か、と声をかけたら何やら悩ましげ。
すぐには治らないよなと病院の会計して薬局に行き薬を待っていたら
母が宣ちゃん、ここ終わったらレストルーム行っていい?と言い出す。
別にいいけどさっき行かなかったか?
薬局で薬をもらって廊下に出たら即レストルームに走る母。
病院のベンチの方がレストルームに近いので座って待つ。
しばらくすると母が出てくる。
もういいのか尋ねると母は難しい顔に。
まあいいかと乗り換えで栄える都心部に行く電車の中で考えていたら
また一言。
宣ちゃん、お昼ごはん買ったらレストルーム行っていい!?
別にいいけど何回行くんだ?胃腸の薬は飲んだのか。
昼食を買ってからレストルームに母は駆け込みました。
レストルームがあるから別料金必要な電車に乗る!とか言い出すなよ、
と冷たいことを考えつつ待っていたら、ちょっとよれっとした母が出てくる。
あとは家でするわ、電車で帰ろうに。
じゃ普通の電車に乗ってこかというわけで
電車で座れたし平穏に帰ってきました。
そして家に着いた瞬間、着替える間もなく母は我が家のレストルームに駆け込む。
目の手術のあとにうつ点眼薬2種両目もあるのにいいのかねぇ…。
言葉本来の意味を飛び越して、感動するわあ、などと言いつつ、ではまた。
調子悪いのに病院ついて来てくれてありがとうね、菊子さん。

レトロなもの3

役所の編纂室かなにかから元祖父の家のかまどを撮りに来るので
両親がかまどの掃除に行きました。
かまどは使っていないし近付きもしないのでとても汚れていたそうです。
たぶん発生源は父だと思いますが
使用済みのスプレー缶なども置かれていたもよう。
雑巾でかまどを拭いてお湯でまた雑巾をきれいにしようとしたら
ガス関連の何かが壊れて水しか出ない。
とりあえずきれいにしてきたよ、と言ってる母に敬意を覚えつつ、ではまた。

レトロなモノ2

父に私が書いた小説の舞台の原案が祖父の家、
さすがにかまどはない、と言ったら父が更なる思い出話を。
今の元祖父の家のかまどはタイル張りだろう、と言い出す父。
そういえばタイル張りだ、そんなもんだと思ってたけど。
ぽろっとそう言ったら、昔はな自力で作りおったんやぜ、
父の子供の頃の話スタート。
お父さんがまだ子供でおじいちゃん(私から見れば曾祖父)が生きとった頃な。
しっとりとした土にワラを混ぜてこねて下の方から積んで乾かしよったんや。
でな今のかまども煙突があるやろ、あれがないとかまどとして役に立たん。
昔のかまども土つけるだけじゃあかんで、
2キロくらい離れた店で煙突だけ買いよった、
リヤカーで重たい煙突持って帰ってきいよったんやで、今では信じられんやろ。
短くまとめるとこんなかんじで話の端々が間違ってるかもですが
信じられんというか思いつかないというか…半世紀前ははかまども自力で作ってたんだな。
煙突だけ売ってるってピンポイントなこともあったんだ。
すさまじいジェネレーションギャップを感じつつ、ではまた。

レトロなモノ

誰も朝から働いていない椿家の朝は遅めですが
早い時間だと洗濯、掃除で忙しい。
忙しいさなか、食器を洗っていたら電話がかかってくる。
母が思いっきり舌打ちして電話に出る。
はい!もしもし!椿ですけど!
ものすごく刺々しく一言言ってから母の声がトーンダウン。
電話を切ってから母に何の電話?と聞いてみたら役所から。
祖父が住んでいた家にはなぜかかまどがあります。
私が小学校低学年の頃には風呂も火で沸かす形式でした。
今はガスが通っているため風呂も火で沸かす形式じゃないし
ガスコンロも導入したので、かまどは使っていません。
しかし、役所の歴史関係の編纂室にとってはいい資料らしく、
さっきの電話もかまどを見せてくれという内容だったそうです。
かまど見るのくらいはどうでもいいけど
忙しい時間帯に電話しないでくれと思いつつ、ではまた。

置いてきぼり

都心部の心療内科に行く、今回は久しぶりに母と。
カウンセリングで以前PCの具合で
ちょっとカウンセラーさんにアドバイスをしたのですが
それが効果テキメンだったらしい。
サポセンの威力もあり今はPCも安定しているそうです。
よかったよかった。
その帰り、地下鉄から乗り換えのため別の駅に行こうと
つい1人で行く時の速さでささっと人混みをかきわけて地下鉄を出る。
気付きました、今日は2人で来ていて、母がいないということに。
改札から出てしまったので入り直すわけにもいかず
出口の近くで母を待つ。
人混みから母が息を上げものすごく不安そうに出てくる。
あんた1人でちゃっちゃと行くない、どの階段上るのかひやひやしたで、
とばっちり怒られる。
ごめんごめん、つい闘争心に火がついちゃって、と言い訳をしつつ謝る。
その後何回もはよ行くない!と言われつつ、電車の乗り換えもして帰宅。
非常におかっつあんごめんよの世界でした、と反省の色を出しつつ、ではまた。

努力だけはしました

プロバイダから郵便でわけのわからないお知らせが届く。
これは何のお手紙でせうと思いつつ案内を見ていたら
父に自分にも見せろと言われる。
雀の涙くらい安くなるだけかも、と思いつつ父に見せる。
そして質問される。

これは何の会社や?
プロバイダです。
ネットの何をしとんのや、NTTか?
たぶんネットを繋いでくれる会社です、NTTではありません。
この手紙は何を申し込ませようとしとるんや?
電気料金の何パーセントかを安くする契約をさせたいらしいです、
というか書類一式まで送られてきて私も混乱しています。
何で電気料金が関係あるんや?
知りません。
だいたい電気料金の領収書、
もらったら毎回燃やすでナンバーなんかわからんぞ?
わかってます、これが強制じゃなければ、
ああ損してるな、くらいで今まで通りにしとけばいい話なんじゃないかと。
で、この会社は何なんや?
だからプロバイダです。
プロバイダってなんや?
(*リピート、30分以上)

わけわからんし電話してみるわ。
もしもしこの割引だかなんだかは強制なんですか?
違うということですね、あと4月いっぱいで解約したいんですがどうすれば?
折り返し電話をいただくんですね?x時によろしく。
早く電話してみるべきでした、謎の疲労感が漂います。
父にプロバイダってなんや?という質問だけでも3回以上聞かれました。
一応、大学時代にパソコン関連の簡単なことは学んだのですが
効果的に説明せよと言われても難しいということも今日学びました。
説明下手な面をあらわにしつつ、ではまた。

運、よさげ?

パズドラにて。
魔法石10個ガチャを3回引いたら
ヴァルキリーCIELとアテナNONとカミムスビが当たる。
急にどうしたんだ!?
今まで覚醒ラー(2体)やら
覚醒メイメイ(2体以上)しか当たらなかったのに。
ゼウスGIGAも何とか持っているので
前回のコインのキャラ3体揃う。
…揃ってもどうすればいいかわからないので
ベンチウォーマーになりそうです。
3色ヨグで大して困らないので能動的にはなれない。
幸運なんだろう、とは思うけど…運、使い切っちゃったかな。
後ろ向きになりつつ、ではまた。

そうだったの?

近所のスーパーにて。
ペットボトル飲料のコーナーに行くと
母が同い年くらいの男性と話をしていて盛り上がっている。
近所にこんな人いたっけ?
私は地域コミュニティに一切顔を出さないため
たとえ近所の人でもわかりませんが。
帰宅後、母に話が盛り上がってた人って誰だっけ?
と聞いたら、知らない人などという母。
え?知らない人?やたら盛り上がってなかった?
母がペットボトルのイチゴミルクを6本カゴに入れていたら
男性がイチゴミルクと同じ製造メーカーのミックスジュースを買っていて
向こうからイチゴミルク美味しいですよね、とか言われたらしい。
ミックスジュースと細かく切った苺をジューサーに入れるといいですよね、
と飲み方まで披露。
それ気持ち悪くない?と思った母でしたが適度な相づちをうっていたそうです。
何と言っていいかわかんないけどお疲れ様、
とねぎらいでも何でもないことを言いつつ、ではまた。

ハッピバースデートゥユー

二月生まれの父の元気がないので
母と共謀してバースデーケーキを買うことにする。
さっそく母がいつものスイーツショップに電話。
チョコにハッピーバースデーって入れておいてください、
などと頼んでいたら
誕生日記念のケーキですねとかなんとか言われ
ロウソクも20本まででしたら無料でお付けいたします、
と言われたそうな。
そういうロウソクなら55本足りない、
計75本もロウソク立てたらすごいことになるではないか、
一息で消せないぞ。
どうしてもムードを出したかったら
7と5のロウソク買えばいいだけなんですけどね。
父が元気出してくれれば何でもいいな、と思いつつ、ではまた。

対照的な人

注、ここから先はお食事中などに読むと気分を害されるかもしれません。
そういった点はしっかり押さえてからお読みください。






今日は朝からバタバタしたせいか、
しょっちゅうレストルームに駆け込むことに。
毎回下り竜、堪忍してくれ、痔になりそう。
なぜか私と同じタイミングでレストルームに駆け込む母。
入った時間は私と一緒なのに出るのは毎回母の方が速い。
遅い、何しとんの?と言われても
下り竜がきたんだよ!としか言いようがない。
そっちこそなんで速いの?と聞き返したら、出ないんだよ!
などとキレられる。
でそう!と思ってレストルームに行ってもほとんど出ないらしい。
私に言われても…自分の内臓に言ってくれよ、と嘆きつつ、ではまた。
プロフィール

tubaki noriyuki

Author:tubaki noriyuki
椿宣之(四捨五入して40歳)の日常を語るだけの日記です。
ほぼ生存確認用なので内容に期待しないで下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR